スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GALAX HOF4CXLBS4000M19SF162Cを買ってみました

Galaxさんの選別品のメモリは今までだいぶ買ってきましたが選別されてない品はHOF4CALCS4000M19SF162C
ぶりです

まず通常版のHOF4CALCS4000M19SF162CとHOF4CXLBS4000M19SF162Cの違いは
HOF4CALCS4000M19SF162Cは白基板でLEDが光ります
HOF4CALCS4000M19SF162Cは黒基板でLEDはありません
SPD的には同等なのでどちらでもいいですが白基板は中国でしか売っていません
HOF4CALCS4000M19SF162CとHOF4CXL1BS4000M19SF162Cは同じ黒基板でLEDは光りませんがICが選別されているかいないかの違いがあります
どのモデルもICはK4A8G085WBいわゆるSamsungのBダイと呼ばれるものです。

まぁXMPで動くのは当たり前なので軽くOCをしてみました
オーバークロックワークスさんのBlogでは4133動作させていましたのでそれ以上はどこまでいけるのか?っという実験をしてみました
MBはメモリOC特化といわれるASROCKのM OC Formulaを使いました
設定は
1.XMPを読みこむ
2.一部正しく反映されないので手動で値を設定する
3.設定の保存+再起動
4.4133に設定する
5.VCCSA/VCCIOの値がAUTOであればXMPが設定する値に固定する
6.EFI上でBCLKを上げていく
7.設定の保存+再起動
っといった簡単作業
XMPが正しく反映されないのは板の仕様なのかEFIの仕様なのかわかりませんが念のため設定しています。
VCCSA/VCCIOを固定するのはAUTOだと買ったに上がってしまう可能性があるためです。

っというわけで条件をかいたらあとは結果だけ
snaphsot0163.png
CPUクロックが落ちているのでスコアはよくありませんが軽く4400Mhz動作可能でした
まぁこのメモリがよかったあのメモリがよかった言ってもICの製造週や温度で変わってきますのであまり意味はないと思います
目的があって電圧を振って詰めるほうはやりませんが決して選別落ちの品というわけではなさそうです

なんだかんだでだいぶメモリを触ってきたので言えることですがOCメモリを扱うときの注意点が何個かあります
1.MBは耐性の良いものを選びましょう
動く動かないはMBで決まってきます個人的なおすすめはMOCFとImpactです
この2枚は別格といえるMBです
理由はプロの方が説明してくれていますので割愛
Geneも持っていますが伸びが違います
(GeneにはGeneのいい点があります)

2.上記MBでもXMP動作しないときがある
定格だとメモリをちゃんと認識するのですがXMPを読みこむと動かなくなるときがあります(ポストコードで19や55など)
そういうときは慌てずにPCを止めてメモリの抜き差しをしましょう
4000Mhzや4133Mhzともなると接触の具合が悪いと動作しないことがあります
不良を疑う前に抜き差しを何度かしてみましょう
(なお今までで不良のメモリを1枚だけひきましたがそれは定格でもMBを変えても認識しませんでした)

3.4000Mhzや4133Mhzで動作できたからといってちゃんとメモリが刺さっているとは限りません
2番の延長ですが4000Mhzを4133Mhzにしても動かないとかもよくあります
耐性が良くないと疑いたいところですがそう判断する前にちゃんと刺さっているのか見てみましょう
実際にあったのが4000Mhzで動作→4133Mhzで動作不可→メモリの抜き差しで4133で動作可→4266動作不可→メモリの抜き差しで4266動作可→4400動作不可→メモリの抜き差しで4400動作可っといった感じです

4.MOCFだけかもしれませんが起動しない設定のままON/OFFを繰り返すと起動することがある
設定できない場所をMemory Trainingで設定してくれてる時があります
3番の時点でだめだ―っとおもって諦めるのではなく何度かトライしてみましょう

5.1枚1枚クロックを確認してもDualで同じクロックで動くとは限らない
原因はよくわかりませんが1枚1枚の動作なら高クロックで動いたものが2枚だと同じクロックで動かないことがあります
逆に1枚だとダメなのに2枚だと動くといった例もあったりします

上記2~5に引っかメモリがこちら同じタイミングでかったF4-4133C19D-16GTZAです
snaphsot0164.png
4400動作していますが若干苦労しました
1枚だとそれぞれ4444Mhzの動作が可能ですが2枚になると4400Mhzがやっとです

だからといってF4-4133C19D-16GTZAが悪いわけでもありません1.35Vでタイミングも詰まっているメモリなのでOC耐性的には同条件では不利なのかもしれません

他にはEFIのバージョンしだいで動く動かないといったものがあります
どこかを良くしたらどこかが悪くなったっということがあったりします

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

わぎぽん

  • Author:わぎぽん
  • 最近はPC系になってきてる気がしますがまだROは現役です

    冷やしメモリ始めました
    メモリスキー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。